セミナー・講習会

第13回生命資源研究・支援センターシンポジウム(2017.3.21 開催)

第13回生命資源研究・支援センターシンポジウム

主 催:熊本大学 生命資源研究・支援センター

共 催:熊本大学 拠点形成研究A
    『ゲノム編集技術を用いた次世代モデル生物の作製』
              Kumamoto BioResource Project (KBRP)

日 時:平成29年 3月21日(火)13:30〜17:30

場 所:熊本大学 生命資源研究・支援センター
               アイソトープ総合施設・遺伝子実験施設棟6階 講義室、
             [グーグルMap] 

講師及び講演内容:

13:30〜13:40 センター長挨拶  尾池 雄一

13:40〜14:20 座長 中潟 直己(資源開発分野)

          『マウスにおけるストレス耐性(感受性)因子の探索』

    熊本大学 生命資源研究・支援センター 病態遺伝分野 講師 鳥越 大輔

14:20〜15:05 座長 南 敬(表現型解析分野)

          『extendedシナプトタグミンによる小胞体と細胞膜のクロストーク』

    Lee Kong Chian School of Medicine, Nanyang Technology University (Singapore)              
                                                                                                    Nanyang Assistant Professor

    熊本大学 生命資源研究・支援センター 客員准教授  佐伯 恭範

15:05〜15:50 座長 荒木 正健(バイオ情報分野)

           『国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟におけるマウス実験』

     筑波大学 生命科学動物資源センター 資源開発分野 教授
             筑波大学 医学医療系生命システム医学専攻 解剖学・発生学研究室 教授
             熊本大学 生命資源研究・支援センター 客員教授    高橋 智  

15:50〜16:00 休憩

16:00〜16:45 座長 伊川 正人(大阪大学)

            『MMEJ経路を利用したゲノム編集技術の開発』

    広島大学 大学院理学研究科 分子遺伝学研究室 教授
              熊本大学 生命資源研究・支援センター 客員教授    山本 卓

16:45〜17:30 座長 吉田 進昭(東京大学)

            『マウス表現型解析情報を正しく伝えるために』

    理研 BRC マウス表現型解析開発チーム チームリーダー
              熊本大学 生命資源研究・支援センター 客員教授   若菜 茂晴  

  • セミナー講演会
  • メンバーの活動紹介
  • お問い合わせ
  • 熊大先導機構
  • ゲノム編集コンソーシアム Genome Editing Consortium
  • frontier Medical Research by Next Generation Animal Models
  • NBRP