概要

拠点の概要

 ゲノム編集とは、ZFNs、TALENs、CRISPR/Casシステムなどを用いて、ゲノム上の標的遺伝子の破壊やレポーター遺伝子のノックインなどを可能にする技術である。ゲノム編集技術の革命的進歩により、ES細胞を介せずに受精卵や体細胞に直接ゲノム編集を行える様になった。そこで本拠点は、リーダーである中潟直己と伊川正人教授(大阪大学)が参加しているfMENAコンソーシアムの活動に協力し、欧米に対して遅れていたノックアウトマウス作製・保存・供給システムを構築する。
 また、それまでES細胞を利用できるマウスでしか出来なかったノックアウト動物の作製を、ゲノム編集技術は他の動物でも可能にした。現在世界最高峰の効率でゲノム編集を可能にするプラチナTALENを開発した山本卓教授(広島大学)と連携して、様々な生物を対象に次世代遺伝子改変生物の作製を行う。
 本拠点は、熊本大学において既にゲノム編集を活用している研究者と、これからスタートしようとしている研究者の力を結集し、技術支援や情報交換を活発に行うことでゲノム編集研究の一大拠点を形成し、熊本大学における生命科学研究のレベルアップを図ることを目的とする。

本拠点の背景及び目的

背景

 ゲノム編集という技術が開発され、「病気の原因になった遺伝子の変異自体を正常状態に修復する」という究極の「遺伝子治療」が可能になりつつある。ゲノム編集とは、ゲノム上の標的遺伝子の破壊やレポーター遺伝子のノックインなどを可能にする技術である。臨床応用可能な科学技術に育てるためには、各種モデル動物を使用し、安全性、確実性を確認しながら効率アップを図らなければならない。

国内の状況

 東京大学、大阪大学、熊本大学の3大学に、筑波大学、京都大学、九州大学及び理研バイオリソースセンター(BRC)も加えたfMENA コンソーシアムが結成された。伊川正人(大阪大学)はその中心人物である。山本卓(広島大学)は、『ゲノム編集コンソーシアム』を設立し、講習会や研究会を主催している。この2人が、国内のゲノム編集技術を牽引していることは間違いない。

目的

 既にゲノム編集を活用している研究者と、これからスタートしようとしている研究者の力を結集し、技術支援や情報交換を活発に行うことで、ゲノム編集研究の一大拠点を形成し、熊本大学における生命科学研究のレベルアップを図ることを目的としている。

  • セミナー講演会
  • メンバーの活動紹介
  • お問い合わせ
  • 熊大先導機構
  • ゲノム編集コンソーシアム Genome Editing Consortium
  • frontier Medical Research by Next Generation Animal Models
  • NBRP